HOME > アライメント

アライメント

車が走行する上でトータルアライメントは非常に重要です!

アライメントは車の足廻りのサスペンションの次に大切な項目です。
どんなに 素晴らしいサスペンションもキチンとセットアップされてなけば最大の効果は望めません。

当店は長年アライメント専門ショップとして、 養われたデータ・技術でお客様に一番合ったセットアップをいたします。

4輪トータルアライメントとは?

車の車輪(タイヤ・ホイール)の整列具合のことを示し、4つのタイヤが正しい位置、方向に取り付けられているかを表します。直進性や旋回性能を向上させ、本来の操作性を引き出します。
また、タイヤの片減りなどもなくなります。

車がまっすぐ走らない

まっすぐ走っているつもりなのに車が左右に走ろうとする、また、少しでも手を離すと左右に車が走り出す。

原因 : キャスター角・キャンバーの左右差が大きいからかもしれません。

フロントキャスター角・キャンパー各の左右差が大きくなるほど車はまっすぐ走ることが困難になります。もちろん、リアもあまりにもひどくなってくると同じ事が言えます。
過去に事故をした、車高を下げた、または上げたなどの車はほとんどがこの状態になります。またサス・ショックなどのヘタリなどにもこの環境は起こります。

タイヤが片減りしている

タイヤの溝が内側・外側片側だけ減ってきている。また、タイヤの減りが早い。

原因 : キャンパー角が過大についているのかもしれません。

キャンパー角がつきすぎると当然タイヤは傾きます。傾く事によりタイヤの接地面が内側、または外側だけになり、その結果内減り・外減りが発生してしまいます。
車高の上げ下げはもちろん、ワイドタイヤを履いた場合でも発生する車もあるので注意が必要です。また、キャンパーとトーのマッチング不足により発生する場合もあります。

ステアリングがずれている

ハンドルのセンターがずれている、ハンドルがとられやすい。

原因 : フロントのトー角が狂っているのかもしれません。

キャンパー角・キャスター角の変化に伴いトー角が狂います。
これにより、ハンドルを変えてもいないのにハンドルセンターのズレが発生します。
ハンドルを外して付け直すと、見た目はわかりませんがなんの解決にもなりません。
中古車でハンドルが交換されている車などは要注意!

車がまっすぐ走らない

アライメント調整は最新の機器+長年のデータにより、かなりマニアックなご要望にもお答えできるはずです!
外車はもとより、走り屋セッティングなんていうのもOK!
ぜひご相談ください。